スポンサードリンク

伊坂幸太郎激賞「とにかくこの小説を世に出すべきだと思いました」: レプリカたちの夜 / 一條次郎

レプリカたちの夜

レプリカたちの夜

レプリカたちの夜

 

 

内容紹介

「とにかくこの小説を世に出すべきだと思いました」伊坂幸太郎激賞、圧倒的デビュー作。動物のレプリカをつくる工場に勤める往本は、残業中の深夜、動くシロクマを目撃する。だが野生のシロクマは、とうに絶滅したはずだった――。不条理とペーソスの息づく小説世界、卓越したユーモアと圧倒的筆力。選考委員の伊坂幸太郎貴志祐介道尾秀介から絶賛を浴びた、第二回新潮ミステリー大賞受賞作にして超問題作。

伊坂さんが激推し。

その伊坂さんも新作 

サブマリン

サブマリン

 

内容紹介