SNTQ

Amazonリンク踏んでほしい系ブロガー

SNS時代の追悼のあり方。

スポンサーリンク

 

たしかに。訃報で初めて知った人のこともタイムラインで詳しくなる。

 

広告を非表示にする