スポンサードリンク

信じる力。

本田さんも前にインタビューで言ってたし、キンコン西野さんも新著の中で、他にもあちらこちらから聞こえてくるこの力

 

信じる力

 

自分が進もうとしている道が、きっと未来につながっていると信じること。

根拠なんてない。

強く信じる。

そして、信じて、歩き続ける。

他の人に目もくれず。

自分の道を信じて歩く。

 

僕もこれまでの人生、なんとか、ほんとにぎりぎり、なんとか自分の信じる道を歩けてきている。

 

でも今23歳。

友達は社会人1年目。

 

自己嫌悪やらなんやらで、自分の信じてきた道を疑い、辞めようかと悩んでた。

 

そんな中、やっぱり、やる。

いい言葉に今日は出会ったよ。

「人間が学校というフェンスを出ると、そこは、ドラゴンワールド(現実の、悪意に充ちた世界)なわけだ。地球上には三十億だか、四十億だかの人間がいて、おまえはその三十億プラス一の余り物にすぎない、おまえのことなんか誰も関心を持っていやしない、生きていようと死のうと、こっちの知ったことか、みたいな扱いを受けることになる。ある人間がだめになるというのは、そういうことなんだよ」

「どうやってそれに対抗するかといったら、やっぱり自分の歌をうたい続けることだと思うね。『うるせえ、おまえのその変な歌をやめねえと張り倒すぞ』かなんか言われて、それでだめになっちゃうことだってあるけど、張り倒されても、まだ歌い続けることだ。もちろん、ドラゴンワールドにあっては、明日の飯代をどうしよう、今日の部屋代をどうしようなんていうわずらいもある。それはしようがないから、思いわずらい、駆けずり回りながらでも、自分の歌だけはうたい続けるわけだ」

出典

イリュージョン (集英社文庫 ハ 3-1)

イリュージョン (集英社文庫 ハ 3-1)

特にここ

明日の飯代をどうしよう、今日の部屋代をどうしようなんていうわずらいもある。それはしようがないから、思いわずらい、駆けずり回りながらでも、自分の歌だけはうたい続ける

思いわずらい、駆けずり回りながらでも、歌は歌えるんだ。

 

いつも0or1で考えてしまう。

0と1の間にはグラデーションがある。