SNTQ

呼んだら来る系ブロガー

僕は森博嗣の世界に、はまってっていくのか。

スポンサーリンク

森博嗣

僕の中で森博嗣と言えば『水柿助教授シリーズ』

これめちゃくちゃすき。

 

 その次に『すべてがFになる』をアニメで。 

面白かった。

 

そして、この新書2冊。

小説家として個人としての森博嗣を知って、惹かれる。

作家の収支 (幻冬舎新書)

作家の収支 (幻冬舎新書)

 

 

小説家という職業 (集英社新書)

小説家という職業 (集英社新書)

 

 

この新書で森博嗣個人に惹かれて、次に小説を読むことにする。

本屋で気になったのが、表紙で惹かれたこれ。

黒猫の三角 Delta in the Darkness Vシリーズ (講談社文庫)

黒猫の三角 Delta in the Darkness Vシリーズ (講談社文庫)

 

 

この裏側の折り込みのところにこんなものが。

f:id:sundrivertakuya:20151223222603j:image

シリーズがまとまってる!

僕が手に取ったのは、Vシリーズの1作目なよう。

 

調べてみると、S&Mシリーズが主人公・登場人物が共通していて、それぞれの作品に関連がない。

Vシリーズは主人公・登場人物が共通していて、それぞれの作品に関連がある。

そして四季 4作がS&Mとを繋ぐ作品らしい。

 

これだけでもう、この24冊を読むしかない。

僕、シリーズ物大好きなんですよ。

伊坂さんはもちろん、海堂尊さんのバチスタシリーズとか、東野圭吾さんの加賀シリーズとか、

 

あと、Vシリーズ、表紙良すぎ。

Vシリーズの1作目読み終わったら、S&Mシリーズ、1作目から攻めていきたい。