スポンサードリンク

「作家以外の何かになれる才能のなさが、人を作家にする」

 

 

 

難民探偵 (講談社文庫)

難民探偵 (講談社文庫)

 

 

 

 

  • この中の登場人物の言葉。
 
それは証子も、京樹から直接に聞いたことがある。作家になる才能なんてものはなく、単に、作家以外の何かになれる才能のなさが、人を作家にするのだ—そうだ。
その場合の作家とは、広くクリエイター全般のことを指すようだった。
他に何もできないから—もの作りにいそしむ。
らしい。
共感。
 
 
難民探偵、いま半分くらいまで読んでるけど、読み入ってしまう、だーっと読んでしまう、そんな小説。