SNTQ

呼んだら来る系ブロガー

僕が尊敬する人たちの共通点見つけた。


僕が尊敬する人たち。

イケダハヤト
坂爪圭吾

などなど。

彼らの共通点を、昨日車を運転してるときにふと見つけた。

それは自由の風が吹いていること。

彼らの周りには自由の風が吹いている。

彼らは自由に振る舞う。
それを見た周囲の人たちの心まで自由にする。


僕は自由ではない子供時代を過ごしてきたのだと思う。
不満はそれほどないが、自由ではなかったと思う。
いろいろなものによって僕は制限される環境にいた。

でも、その中でも反抗して、いわゆる"よく怒られる子"だった。
これは本能的に自由を求めていたのだと思う。

高校を卒業したあたりから、僕を制限するものが減った。
思想的な部分でも、小さなコミュニティから脱出した。

それでも、これまでの生き方考え方振る舞いはそう簡単には変わらず、制限する外的要因は減ったけど、自分で自分を制限してしまっていることに気づく。

なかなかほどけない。


これを手助けしてくれるのが僕の尊敬する人たちの、行動や発言、著書だったりする。
彼らは僕が縛られているものなんてまるでないかのように、それがまるで重要でないかのように振る舞う。

魅力的でないわけがない。

だから、彼らのことを尊敬しているのだろう。



これは有名人に限ったことではない。
僕の友達にも数人、自由の風を吹かせてる人がいる。
僕はそんな彼らのことがすごく好きだ。

これからもきっとそういう人に惹かれるのだろう。


僕自身がそういう人になれたら、またいろいろ変わるのかもしれない。